車の情報屋

各種自動車の情報や新車の値引き情報、新型車の速報ほかニュースやレースクイーン動画、自動車関連動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な穴は1600か所! 場所をネットで公開

イタリアの保険会社による業界団体ANIAは、国内の道路上にある危険な穴1600か所をインターネット上で公開した。データが公開されたのは、同団体が事故多発地点告知のために昨年から運営しているウェブサイト「ブラックポイント」。

ページ内のグーグル地図上に危険ポイントが表示される。データはトムトム、ガーミンなど欧州で普及しているPNDタイプのカーナビ4機種にダウンロードも可能だ。一般ドライバーからも、危険な穴がある地点を知らせることができる。

ANIAによると、大都市で危険な穴が最も多いのはローマの260地点で、続いてミラノの205地点、ナポリの141地点。

同じくANIAによると、イタリアでは道路の穴に起因する保険金請求が1日あたり2件ある。また裁判も多数起こされるが、7割はドライバー側の敗訴に終わるという。今回の試みは、こうした混乱を少しでも抑止しようと考案された。

イタリアの道路補修は近隣諸国と比べて立ち遅れている。高速道路では、近年の経済発展を基にインフラ整備を進めている東の隣国スロヴェニアよりも見劣りすることさえある。一般道路では、管理者によってようやく対処が必要と認められても、長い間車線規制をした末に簡単な工事で終わらせることが多い。都市部では、古い石畳の上に簡単なアスファルト舗装を施してしまい、それが剥げてくるのも凸凹を助長する原因となっている。

ちなみに同サイトには、問題が解決した箇所を告知するページ「ホワイトポイント」も設営されている。それからすると「ブラックポイント」は、1日も早く用がなくなって閉鎖されることを願うページといえるかもしれない。

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク-ランキング:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。