車の情報屋

各種自動車の情報や新車の値引き情報、新型車の速報ほかニュースやレースクイーン動画、自動車関連動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車のバッテリー

 自動車が成り立っている要素の1つとして欠かせない部位が“バッテリー”です。皆さんも良く耳にすることが多いと思いますが、単純にバッテリーとは何か?と聞かれると、正確に答えられる人はどのくらいいるでしょうか。

普段から車や機械のメカニズムに詳しい方ならさほど困ることはない質問かもしれませんが、車に乗っている方全員がそうというわけではありませんよね。
しかし、バッテリーというのは車にとってなくてはならない存在です。バッテリーについて少し詳しい知識を持っていても,決して損にはならないはずです。

 バッテリーというのは、車のみならず様々な所で活躍しています。例えば一番身近な所で言うと“携帯電話”ですね。「充電がきれた」なんていう風に言ったりもしますが、要するにバッテリー内の電力がなくなってしまったということ。
携帯電話であればバッテリーの電力を充電する為に“充電器”を使用すると思いますが、車の場合はどうでしょうか。

車には“オルタネータ”と呼ばれる発電機が搭載されており、エンジンが稼働している間はこの機械が常に発電をしてくれます。
逆に、エンジンを切っている間は発電していません。車内では様々な用途に電気が使われます。
例えばオーディオ機器やエアコン・ライトやブレーキランプなどです。発電された電気はこれらを使用する為に供給されますが、余った電力がバッテリーへと充電されるのです。

バッテリーはエンジンを始動する際に最も電力を消費します。エンジンを回す“スタータ”というモーターを稼働させる役割をしているのがバッテリーなのです。
よく「バッテリーがあがってエンジンがかからない」という経験をしたことがある方もいるかと思いますが、つまり充電がなくなってしまいスタータを稼働させられないということ。ですのでエンジンがかけられない状態になってしまうのです。

たとえばエンジンを切った状態でオーディオ機器を使用したり、ライトをつけっぱなしにするのはバッテリーにとって非常に良くないことです。電力を供給できないままにずっと使い続けている状態ですから、当然ですが電力は減る一方。
この様な使い方はバッテリーあがりを招くだけでなく、バッテリーの寿命も縮めてしまいます。充電できるからといって、永遠に使用できるわけではありません。大量に電力を使用したと感じた時は、時間をかけて充電しないとしっかり充電できません。
使いすぎた電力は意識して充電し、なるべくオルタネータの発電量を超えない電力の使用を心がけることがバッテリーの長持ちの秘訣なのです。

自動車のメンテナンスガイド自動車の日常的なメンテナンスや洗車・車内クリーニングなど車を維持していく上での重要な事柄を解説。

Car Watch テスラ、3車種目の電気自動車はSUVの「モデル X」

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク-ランキング:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。