車の情報屋

各種自動車の情報や新車の値引き情報、新型車の速報ほかニュースやレースクイーン動画、自動車関連動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーライフ~車遊びの基本~

皆さんはどのようなカーライフをお過ごしですか?スポーツカーが好きな方、大人の4ドアセダンで快適にツーリングするのが好きな方、それ以外にも車に乗っているだけで楽しいという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、車好きという観点では皆同じですよね。

そこで今回は快適なカーライフを送るための車の購入、DIY、チューニングについて紹介したいと思います。

 まずは車の購入!車好きにとって一番悩むのが車の購入のときですよね。いろいろなメーカーからさまざまな車を探してきて、自分の用途に合った車を探したりPCで検索したりと一番悩む時期ですが、これが一番楽しいときですよね。なので車購入のときの選び方について紹介したいと思います。

まずスポーツカーの場合です。
現在国産のスポーツカーはほとんど生産されておらず、新車購入が難しい状況です。新車で買うならば、日産:フェアレディZ、R35 GT-R スバル:インプレッサ 三菱:ランサーエボリューション… ぐらいしかありません。

しかも新車で買うと相当な値段になり先ほどの車については300万円以上します。とてもではないですが、若い年代には購入は難しいですよね。若者のスポーツカー離れが進む原因の一つでもあります。なので大半の方は中古車市場に目を向けると思います。

中古車市場ではスポーティに走るための車がとても安く販売されています。最近は状態がいい中古車も多く、いろいろなチューニングパーツ最初から装備されていることがほとんどです。
中には5万円ほどするBRIDEやレカロなどのフルバケットシートが付いている物もあります。

中古車のスポーツカーを買うときにチェックすべき点は走行距離とエンジンです。
スポーツカーのエンジンの寿命は約20万Kmといわれています。なので10万Kmが理想的です。
エンジンは吹けあがりやピークトルク、馬力のチェックもしておいたほうがよいでしょう。

そして続いて4ドアセダンです。
大人の車というイメージがありますが、先ほどのようにスポーツカーがほとんどない現代4ドアセダンが人気を集めています。
車種にとらわれる時代は終わったようなもので最近ではレガシィB4、BMW、カローラアクシオ、クラウンアスリート、マークX、スカイライン、レクサス等の高級車をスポーツ走行に使うという傾向があります。

室内快適で楽しく乗れるのですから一石二鳥ですよね。
このように車に対する価値観は昔と今で大きく変わってきました。

車好きは自らDIY!
チューニングって聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、DIYと聞くと親近感が出てきますよね。DIYは車の内装やパーツの取り付けなどの自分に合わせた車を作り出すための改造といったらわかりやすいと思います。

簡単なところだとステアリング・ペダル類の取替えやパーツを取り替える等です。その他にDIで最近流行なのはオールペンです。
時間がある人は自分で好きな色を選んで車に塗っていきます。

自分で選べるのがメリットでメーカーでは作れないような色を作り出します。例えば一口に赤といっても濃い赤、薄い赤などさまざまあります。
中古車だと自分の好きな色があまりないので、買った後に自分で塗装するなんて方も少なからずいます。

このようにお金はかけなくても自分の手で車をデザインできるというのは楽しいですよね。自分で車に触れることによって親近感が沸き自然と大切に使うようになり、車の寿命も延びるようです。

チューニングで車の性能UP!
車好きなら誰もが耳にしたことがあるチューニング。日本のチューニング技術は世界トップです。チューニングパーツも種類が豊富です。
さまざまなチューニング方法がありますが、どれもすばらしい物です。

まずはなんといってもチューニングの基本はエアロパーツですよね。
普通に街乗りでも使えるような簡単なエアロからGTカーを彷彿させるようなワイドフェンダーまでさまざまなエアロパーツがあります。
値段もさまざまで安い物はフルキットで5万円ほどですが高い物は130万円ぐらいまであります。
5万円なら誰でも買えますので初心者の方にオススメです。
一方高額なエアロパーツに関してはなかなか手が出せない物ですよね。

しかし、考え方にもよります。中古車を50万円で買ったとしてエアロを130万円で買ったとしても180万円です。
今では国産のスポーツカーは安くてもノーマルで300万円。こう考えると意外と安い買い物かもしれません。
しかも、目立つこと間違えなしです。

個人的にはGPスポーツのG-SONIC EVOLUTIONというエアロが好きです。
高いですが、ドリフトのトップカテゴリーのD1GPでも使われているエアロをそのまま使えるのでいつかは手に入れてみたいです。
そしてエンジンチューン!パワーUPには欠かせないですよね。

今までは基本的にはタービンのサイズアップ等でしたが、最近はNOSというパーツが人気です。瞬間的に100PSほどパワーをあげられるのでとても便利です。
エンジン関係は難しいので信頼の置けるチューニングショップに依頼するのがいいかと思われます。

 このように車の楽しみ方はさまざまです。
まずは踏み出してみないことには始まりません。
この機会に車遊びを趣味としてはじめてみてはいかがでしょうか?

新車の値引き額
国産の新車値引き額一覧表。毎月更新されており過去数ヶ月分を比較できる。


ボディカラーと買取価格
色の好みは国や地域によって違うのですが、日本では昔から白と黒に人気が集まっており特に白は流行などに影響されることが少なく安定した人気を集めています。


テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク-ランキング:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。