車の情報屋

各種自動車の情報や新車の値引き情報、新型車の速報ほかニュースやレースクイーン動画、自動車関連動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車の値引きと下取り価格

新車の購入時に値引き交渉をする際は大抵の場合、車両本体価格からの値引き額を意識します。
もちろん交渉の入り口としては車両本体価格からの値引き額を大きくすることから始めるのは常道で、そこからさらに諸費用やオプションからの値引きなどへ交渉の対象が移っていきます。

そして最後に来るのが下取り価格。これが問題なのです。

粘り強く交渉して値引き額の拡大に成功しても下取り価格を低く査定されては意味がありません。

値引き額より大事な下取り価格でも触れられていますが、ディーラーにとって下取りは他の要素と比べて比較されにくく利益を出しやすい要素と言えます。

従って値引き額では大盤振る舞いで客の機嫌を取っておきながら下取り価格でしっかり取り返すというのは良くあることなのです。

また車両本体価格、オプション・諸費用と交渉を重ねてきて一段落付いたところで下取りの査定を入れると客としても交渉疲れが出てくる頃なのでディーラーからの説明をそのまま受け入れてしまうことも多いようです。

値引き交渉を進めつつ下取りでも買取専門店などによる査定を複数受けておいて、最後まで気を抜かずに交渉にあたるといいでしょう。

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク-ランキング:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。