車の情報屋

各種自動車の情報や新車の値引き情報、新型車の速報ほかニュースやレースクイーン動画、自動車関連動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車以外の選択肢

昨今の若者達を取り巻く環境は、前述した通りである。少なくとも入社したら自動車を購入するという既成概念は最早消滅したのだ。しかしながら自動車を使わなくてはいけないシチュエーションというのは必ず存在する。
 
それは例えば、地方に転勤が決まった時かも知れないし結婚して子供が生まれたときかも知れない。そのとき人はどうするのであろう。

そのタイミングで新車を買うのかも知れないが今は他の選択肢が沢山あるように思える。

 例えば、中古車市場もかなり充実してきておりスペックに何の問題もないような中古車は幾つも並んでいる。またリースという選択肢もあるし、人によっては友人の使い古しの車を安く売ってもらうという選択肢もあるだろう。ヤフーオークションで買ったりもするのかも知れない。乗る自動車がピカピカの新車である必要性は現在ではどこにも無いのだ。
【“新車以外の選択肢”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク-ランキング:

初めて買う新車

 皆さんが初めて新車を買うタイミングというのはいつであったのだろうか。大学に入学が決まって運転免許を取り両親にコンパクトカーを買ってもらったときであろうか。それとも、自分で必死にアルバイトをしたお金を貯金に回して憧れのスポーツカーを何年ものローンで購入したときであろうか。

 一昔前、丁度バブルの時代なんかは入社したタイミングが新車を買うタイミングであったようだ。働けば働く程給与が上がっていくあの世代の人間は初任給をまず親への恩返しと新車の購入に回し、それこそスカイラインGTRやチェイサーなどを何の躊躇いもなく買ったという。

またそれがその時代の常識であり自分の自動車を持って夜風を感じながらの彼女とのドライブや遠方への自動車デートが出来ることなどは社会人としての必須条件であるどころか恋愛の必須条件であったようなのだ。だから実際に年配の社員の方々は、入社したばかりの新入社員達に対して『入社をしたらやっぱり車を買わないと。』といった感じで新入社員に自動車の購入を勧めてきたりする。

ところが現在では就職をしたら自分の新車を買いたいという声は殆ど聞こえて来ない。それどころか免許すら持っていない人や車を運転したことのない人でさえいる。なぜ新入社員は車を買わなくなってしまったのであろうか。 
【“初めて買う新車”の続きを読む】

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク-ランキング:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。